外箱を小さくすることができます。

従来の上下で挟むフィルム緩衝材は非常に緩衝性は高いのですが、余巾として枠が必要なため、外箱が大きくなりがちでした。そこで、ダンボールの組み方を工夫することで、強度を保ちながら、枠を小さくすることができることになりました。フィルムの有効面積を大きくし、より外箱を小さくすることができます。サイズが合わない場合や、どの形状の包装資材にしたら良いかわからないときは、ご要望に合わせて、最適な形状をご提案させていただきますので、下記、【お問い合わせ/見積もり依頼】よりご連絡ください。事例とダウンロードできる各種規格品パンフレットも用意しております。ぜひご覧ください。

 

 

組み立て方


 ユニフロートの事例
ユニフロートの見積もり依頼/お問い合わせはこちらへ
電話でのお問い合わせは→ TEL.075-312-3711
各種規格品パンフレットダウンロードページ

ユニフロートのページへ

ユニフィックスのページへ

フィルムのページへ

トップページへ