ユニフロート Wは従来のフィルム緩衝材に比べて、外箱を小さくすることができます。

 

従来の上下で挟むフィルム緩衝材は非常に緩衝性は高いのですが、余巾として枠が必要なため、外箱が大きくなりがちでした。そこで、ダンボールの組み方を工夫することで、強度を保ちながら、枠を小さくすることができることになりました。フィルムの有効面積を大きくし、より外箱を小さくすることができます。

 

 

 

 

組み立て方 


 

ユニフロートの事例

サンプル請求方法

 

お問い合わせフォームの備考欄に「ユニフロートWサンプル請求」とご記入ください。送料はお客様のご負担となります。よろしくお願いいたします